Image Studies

Image Studies

You can scroll the shelf using and keys

Picturing Berlin…

:

Picturing Berlin, Piecing Together a Public Sphere 
ベルリンをイメージする、公共圏をデザインする
Sunil Manghani
Pécuchet, 2003 (Bilingual edition: Japanese / English)
Only in the light of the public sphere did that which existed become revealed, did everything become visible to all” – Jürgen Habermas

The long and fraught process of re-establishing Berlin as both the capital of a reunified Germany and the seat of its government made the city host to a fifth distinctive political regime within just one century. With such fits of political domination and new beginnings the changing face of Berlin’s public sphere has undoubtedly carried with it changing fortunes, giving rise to a panoply of myths, symbols, and images. Picturing Berlin, Piecing Together a Public Sphere explores the city’s rich visual culture in an attempt to understand role of images can play in thinking through political responsibility and the marking out of a contemporary public sphere.

すべて存在するものは、公共性の光のもとではじめて姿を現わして、万人の眼に映るものとなる。(ユルゲン・ハーバマス)

統合ドイツの首都および行政の中心を再びベルリンにしようと試みた1991年からの10年間は、長く困難に満ちた過程となった。驚くべきことは、ベルリンがたった1世紀の間に5つもの政治体制のホストとなったことである。ベルリン市の歴史は、1871年のドイツ統合により発足した帝政が第一次世界大戦による国家分裂まで続いた後、現在の「統合ドイツ」の民主的連邦制が具現化されるまでさまざまな政治体制の中心地となってきた。ワイマール共和国の発足、ナチスドイツによるファシスト全体主義体制、そしてドイツ民主共和国(GDR)による共産主義統治をベルリン市は経験してきたのだ。さまざまな政治の波に翻弄されながら、変貌するベルリンの「公共圏」の表情は、移り変わる運命の流転を映しだしてきており、ベルリンの持つ神話・シンボル・イメージの集合体を築き上げてきた。私は本稿において特にベルリンの豊かな視覚文化の側面に着目し政治的な責任を媒介とした考えにおいて、また公共圏の表出において、「イメージ」が演じてきた役割を考察していきたいと思う。

 

[Updated version of an essay originally published in Invisible Culture, Issue 6, 2003]

Advertisements
%d bloggers like this: